味噌作り工程

丁寧な大豆磨きと八ヶ岳の湧水を用いた仕込み

味噌の主原料である大豆はまず研磨機で研磨します。
ここで、食感や味噌の味がよくなるように豆の皮が剥がれます。
それから選別機にかけ、その後豊富な水で洗浄し釜に移送します。
この時に豆が耳たぶの硬さに蒸すのがコツ!
その後大豆は紛砕機(チョッパー)にかけます。
大豆、麹、食塩と種水(酵母菌)を混合機に入れ、混合し味噌の元を作ります。


★味噌作りスタート★

1.剥がれた皮

2.大豆を選別

3.大豆を洗浄

4.釜へ送る

5.大豆を蒸す

6.大豆を冷やす

7.大豆をすりつぶす

8.種水を入れる

9.混合機に入れる

10.麹と塩を混合機に
麹づくりはこちら

11.タンクへ移す

12.醗酵前の味噌

13.醗酵室で醗酵

14.赤味噌を作る天然蔵!!
HOME ページ先頭へ